草津市老上地域包括支援センター

よつば南草津病院グループ
よつばライフケアネットワーク
社会福祉法人 しあわせ会
       Social Welfare Corporation “shiawasekai”
    ~ 老人・障害者にしあわせを 地域との和を ~ 
 

 来訪者   本日来訪者  

  
 草津市老上地域包括支援センター 
 
    事業内容
 
  地域包括支援(老上学区):草津市事業
 
    地域包括支援センターより
 老上中学校区にお住まいの高齢者の皆様を介護・福祉・保健・医療等、様々な面から支援するために開設された「高齢者の相談窓口」です。皆様が「住み慣れた地域で、健やかに安心して生活される」ことを目指しています。
 
    どんなことをしているの??
 
 
 
★ まずは、ご相談下さい(総合支援事業)
 生活の中で、困っていることや心配なことはありませんか?センターでは、介護に関する相談や悩み以外にも、医療や健康、福祉、生活に関することなど、「どこに相談するのか分からない」といった悩みにも、問題に応じて適切なサービスや機関、制度の利用につなげます。
★ みなさんの権利を守ります(権利擁護)
 権利擁護とは、極簡単に言えば「安心して、自分らしく暮らす権利を守る」いう意味です。
 近年は、高齢者を狙った悪質な訪問販売や住宅工事など後をたちません。
 また、認知症等になり自分の財産を管理するのが難しくなる場合もあります。さらに、高齢者虐待や介護心中など、介護を頑張りすぎたことが招く悲しい事件もあります。こうした「安心して暮らす」ことが脅かされる事態に対して、地域包括支援センターが相談にのり、解決に向けて具体的に対応していきます。

★ さまざまな面からみなさんをささえます(包括的・継続的ケアマネジメント業務)

 老上中学校区の高齢者のみなさんができる限り住み慣れた自宅で暮らせるように地域ネットワーク作りを推進しています。
また、地域のケアマネージャーさんが円滑に仕事ができるように支援や指導を行っています。
★ 自立して生活できるように支援します(介護予防マネジメント業務)
要支援1・2と認定された人は、介護保険の介護予防サービスを利用できます。介護が必要な状態にならないように、心身の状態の維持・改善できるような支援を提案します。また、介護保険で 「非該当」 になった方をはじめとする(虚弱)高齢者などに  自立支援 を目的としたサービスを紹介しています。 
 
 
 
    あなたも認知症サポーターになりませんか?
 
 
 

 

認知症サポーター養成講座     出前講座申し込みPDF
 

 認知症サポーターは、なにか特別なことをする人ではありません。

 正しく理解し、偏見を持たず、認知症の人や家族に対して温かい目で見守る応援者です。
 認知症を自分自身にとって身近な問題と認識し、認知症の人やその家族の気持ちを理解しようと努めることも、サポーターの大切な役割です。
 老上地域包括支援センターでは認知症を正しく理解し、認知症の人やその家族を温かく見守り、認知症になっても安心して暮らせるまちづくりを目指しています。
 
 
 
 
    あなたも脳活体操しませんか?
   

 

 
  今や65歳以上の10人に1人は認知症になると言われる時代です。この教室では 様々な要素を盛り込んで脳を活性化させ、認知症予防を楽しく、ゲーム感覚で行います。脳活プログラムは「あかるく、頭を使って、あきらめない」を合言葉に楽しく体操をしましょう。
   
    老上地域包括支援センターの活動報告
   
   「みんなでつくろういきいき老上」を合言葉に認知症の啓発や地域での活動、介護保険施設などを紹介しています。
   
 
 
「老上中学校区の資源マップ」PDF
 
 
    施設概要(地域包括)
 事業所番号
 2500600057
 所在地
 滋賀県草津市矢橋町885-1
 電話番号
 077-561-8145
 施設長
 南利 秀明
 開設年月
 平成25年7月
 職員配置
 主任介護支援専門員 2名、看護師 1名、社会福祉士 1名
 その他
 
 
 
お知らせ

 

南草津病院グループ
よつばライフケアネットワーク

 

 

 

 

 スマートフォンからの
求人応募フォームはこちら